• トップ /
  • 安全性の確保が必要な建設会社

建設業で安全な会社とは

安全性の確保が必要な建設会社

建設会社の安全配慮義務とは

建設会社で勤務する従業員は、建物を建てる現場で働くことが多く建物自体が高ければ高所作業となったり、大型の破壊力のある重機を活用する場合が多いです。他にも倒壊や作業工具などの落下などの危険性も存在し、常に生命の危険性に曝されている現場の仕事と言えます。そこで建設会社は安全対策をしっかり行うことが必要で、現場での対策の他に従業員の講習などを含めた教育などをしっかり行う必要があります。最近はどこの現場でも安全第一を義務として、怪我人や死亡者を絶対に出さない事故ゼロの取り組みが実施されています。他にも現場で安全を図るためには、ヘルメットの着用から安全帯の確保、作業手順の明確化を義務付け、絶対に事故を出さない体制を整えていることも多いです。仮に事故が起きた場合には、建設会社自身が安全に配慮した取り組みがしっかりなされていたかどうかが問われます。こうした義務を怠っていた場合には、会社の信用性に結び付くこともあり、将来の案件の受注にも影響を及ぼすことが多いです。こうした人命の尊重は言うまでもなく、会社組織の発展にも影響を与えてしまうことも多くなります。業界は請負制度も盛んですが、職人性を発揮できる仕事の中身よりも事故防止の対策をしっかり行い、最悪の事態を防止することを強化した建設業者が信用性を得ています。

バックナンバー

建設の良い情報

↑PAGE TOP