• トップ /
  • 建設物の耐震対策と安全性

建設の耐震と安全について

建設物の耐震対策と安全性

建設物の地震に備えた安全対策

建設物が地震に耐える力を、耐震性能と呼びます。全ての住宅は建築基準法により、この性能をアップさせるための耐震改修が推奨されています。この性能を調べる診断は、耐震診断と言われるもので、日本建築防災協会によって行われています。建設物の安全のためには、定期的に耐震診断を行い、地震の被害に備えるべきです。診断を行う際は、住んでいるエリアの診断士に相談し、予定を組んで診断してもらいます。また地域ごとに、耐震診断士名簿の閲覧ができるようになっています。さらに建設物の安全性を高めるために、改修が必要と診断された場合は、速やかに改修工事に取り掛かることが望ましいです。築年数や補強工法の種類によって費用は異なりますが、平均しておよそ100万円から200万円前後の工事が、最も多く行われています。建設物の倒壊による被害に遭う前に、補強工事などを行うと良いです。尚、木造住宅の補強工事については、県によって一部補助金が出る場合もあります。住居の安全のために補強工事をしたい場合は、市役所などで補助金の相談をすることができます。また建設物の購入をする場合も、地震の揺れに対して、安全性の高い物件を選ぶことが大切です。

バックナンバー

建設の良い情報

↑PAGE TOP