• トップ

建設で危険を避けるために

建設中の危険から身を守る対策

事故を防ぐ建設現場の対策

建設現場は常に細心の注意を払って工事を行っています。その安全への対策は作業員の身に着けるものから現場で使われるものまで多岐にわたっています。例えば現場に居る作業員全員がヘルメット及び安全帯の着用をしています。ヘルメットがあることである程度の重さのものなら頭に直撃しても命が助かります。また高いところでは誤って転落するのを防ぐ為安全帯を使って対策をしています。またクレーンで荷物を運んでいる際は、その下に居ることは基本的に禁止されています。また建設現場の建物に覆われているネットには作業員が高いところから転落してもそれを防ぐ役割があります。また作業員を守るだけではなく工具など危険なものが落ちてきても、その下にいる歩行者を転落物から保護する役目も担っています。更に現場で見かける安全確認の標語には直接効果はなくてもそれを見ることによって作業員全員が事故がないように仕事をする効果があります。こうした標語は朝礼で確認されることがおおいです。建設現場は常に危険が付きまとうものですが対策をきちんと施すことで、その危険性を作業員から排除しています。これらの安全対策があるからこそ、建設中の事故は減少しているのです。

バックナンバー

建設の良い情報

新着情報

↑PAGE TOP